野幌商交会って!?

野幌商交会は、野幌地区全域の商業者が親睦を目的として集い、昭和26年(1951年)に野幌商<工>会の名で発足されました。
初代会長の西澤郡蔵氏を中心として、戦後の経済復興が叫ばれる中で、町民の生活に欠かせない唯一の商業団体として慕われ活躍させて頂きました。

昭和35年(1960年)に商業団体名の規制があり、野幌商<交>会と改名致しました。
当時は70名と言う大所帯でありとあらゆる業種が加盟され、そしてどの業種も活気があり、経営状況は良い時代でありました。
昭和48年(1973年)頃から法定に従い、八丁目商店街も商店街振興組合の準備から結成となり、当会から退会者が増えました。
昭和52年(1977年)頃からは江別市の人口増加と同時に大型店・中型店が競って出店しました。

大型店と共存共栄をしながらお客様のニーズに応えるため、個店の経営のあり方は? の問題提起をされた時代が続きます。
ここ数年は、人口増も鈍化、否若干の減少傾向に移り、消費マインドも冷えつつあります。商工主もどこに向かっていこうか?と試行錯誤を繰り返しているのが現状です。
景気はあくまで<気>です。私達野幌商交会は、平成23年10月の野幌駅高架を一つのきっかけに、相互の情報共有をはかり、お客様の希望に応えうる店作り、そして発信を担い、今回の60周年記念情報事業を開始致しました。どうぞご期待下さい!

野幌商交会 会長 西岡 学

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on FC2 Bookmark
はてなブックマーク - 野幌商交会って!?
このエントリーをはてなブックマークに追加